W220、W215、R230 シフトレバーがPから動かなくなる前に!!

毎度!!どうも!!日下部です♪♪

ATシフトに異常を感じられたお客様が
わざわざ大阪から施工作業の為に、
ご来店頂きました!!

遠方にも関わらずご来店ありがとうございます。

作業させて頂いた車両はW220
思っていたとおり
パーツには亀裂が・・・・・
もし、後数回動かせパッキと
逝ってしまったのでは無いでしょうか・・・

目ン玉が飛び出る前に!!
やっておきましょう!!


今日は当社が自主製作致しました、
メルセデスベンツ
シフトレバー故障 不動 修理

Sクラス(W220)・SLクラス(R230)・
CLクラス(W215)

スペシャルパーツのご報告です

ユーザー様・業者さま必見です

シフトレバー故障w220・R230・W215の、あるパーツが突然壊れて、
車両が動かなくなる症状が度々報告されております。

エンジンを始動して出発しようとブレーキペダルを踏んで、
セレクタレバー又は、シフトゲージをP(パーキング)から
D(ドライブ)に移動してもまったく動きません。

何度ブレーキペダルを踏んでもセレクタレバーを動かしても
Pレンジがら動きません‥。
こうなると ‥前にも後ろにもまったく動きません‥。

このような故障でお困りの方はいらっしゃいませんか?!

これは突然なんの予兆もなく壊れます。

これは、 セレクタレバーAssyの中にある
プラスチックで出来た様なパーツが壊れているため
安全装置が解除されないのです!
特に98年~2003年の車輌によくある故障です!!

安全装置を解除するためには車両の下に入って
ATシフトロッドとセレクタレバーをはずし、
セレクタレバーをフリーの状態にします。
そして今度は室内のセレクタレバーの周りをはずして
セレクタレバーを取替えとなります。

セレクタレバー関係パーツはセキュリテー関連のパーツの為
ディーラーしか取り扱いができません。
その為、取替え工賃・コンピューターでデータのコーディング
出張費で約20万円コースになります!

これはあまりにも高いですよね!

そこで当社は、 特殊パーツを製作いたしました。
純正のプラスチックの様なセレクタレバーの壊れやすいパーツを、
アルミを特殊加工で削りだして作りました

セレクターレバーはそのまま使い、
分解して壊れているパーツを特殊加工アルミに取替えします。


こちらが純正のプラスチックパーツ
↓↓↓

これが当社製作のアルミパーツ
↓↓↓

このようにバッチリ取り付けます
↓↓↓

純正にくらべて強度もありますので
もう壊れる心配はありません。
そして、コンピューターでの設定も必要ありませんので
工賃もかなりお安く抑えることができます。

遠方で故障されると、レッカー費用等もかなり
かかってしまうかと思います‥
 その為、早めの取替え・交換をお勧めいたします。

詳しくは、ぜひ1度当社までご連絡ください。

メルセデスベンツ専用DASテスター

メルセデスベンツ認定SAIMA塗装ブース

メルセデスベンツ専用DUPONT塗料

完備

メルセデスベンツ専用DASテスター

メルセデスベンツ認定SAIMA塗装ブース

メルセデスベンツ専用DUPONT塗料

完備
W220.R230.W215ベンツ セレクタレバー (シフトゲージ)Pポジションからシフトレバーが動かない シフトレバー故障  修理!シフトロック修理 故障 不動

Prosperity1 CS
TEL 079-436-7770
FAX 079-436-7771
http://www.prosperity1.co.jp/ 

info@prosperity1.co.jp

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。