マセラティ 222SE ③

タイミングケースを取外してベルトの全容が見えました。

ベルトとテンショナーを取外しました。タイミングテンショナーは
この様に、ベルトが当たるカラー部分は再使用になり、中身の
ベアリング部分だけを交換します。交換したベアリングを手で
回して見るとゴロゴロとした感触が伝わってきました。

ベルト交換作業は無事に終わり、タイミングよくラジエーターの修理が
終わって戻ってきました。ラジエーター屋さんに「修理は難しいかも・・・」と
言われていたのですが、この様に綺麗になって戻ってきました。
タイミングベルト交換作業とラジエーターの修理作業は無事完了しました。

つづく・・・ へっぽこ整備士 ひで吉に~やん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。