フェラーリ360モデナF1ポンプ交換

いつもお世話になっております。。。

「走行中にF1マチックが作動しなくなった」という依頼で積載車にて
360モデナを引き取ってまいりました。

今から、何が原因なのかを探っていきます。エンジンを始動させると
メーターパネルにはF1マチックの異常を示す警告ランプが点灯していました。

  

TEXA診断機を使用してエラーコードを確認してみると沢山のエラーコードが
入っていました。「おうっ!?」
症状から見ても「F1ポンプでは・・・?」と思いつつも一つ一つ点検してみる事にしました。

  

まずは、ヒューズBOXを開けてF1ポンプのヒューズを点検しました。
ヒューズは見事に切れていました。

手元に同じヒューズが無かった為、点検をするためにこんな物でテスト
してみました。「どうだ!ワイルドだろぉ~?」

  

早速、セットをしてエンジンを始動させてみました。エンジン始動後から
約20秒くらいしてから「パシッ!」といってヒューズが切れてしまいました。

  

「やはり、F1ポンプ?」さらに原因がポンプであるという事を確定させるために
ポンプ本体のコネクタを外してヒューズを取付けてエンジンを始動させました。
20秒以上経過してもヒューズは切れませんでした。
更に、ポンプ単体でもテストをしました。「やはりポンプが重い・・・」

  

F1ポンプリレーも外して中の接点を見てみるとよく焼けていました。
F1ポンプともにリレーも交換します。

  

部品の発注をして、数日がたちヒューズとリレーが入荷しました。
そして、F1ポンプも遅れて到着しました。

これは取外したF1ポンプになります。見た感じでは何も解りません・・・
新しいF1ポンプを取付けて、ヒューズとリレーも交換しました。
そして、F1ポンプのエア抜き作業をして作業は完了です。

作業担当  メカニック  N.hideki

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。