トヨタクラウン エンジン始動不能修理

トヨタクラウン、エンジンがかからないということでご来店。
って、自走で来た! エンジンかかってるじゃん!!

ロードサービスでエンジンをかけてもらったそうだ・・・。
駐車場でエンジンを止めたら、ちゃんと?かからなくなりました。
スタータモータも回転しません。

エンジンスタータボタンを押すと、スタータリレーはカチカチいってます。
が、しかし、スタータモータは回転しません。
昔ながらの整備士らしく、スタータモータを叩いてみます。
すると・・・・・・・
スタータモータが作動して、エンジンがかかるようになりました。

この時を逃してはならじと工場に入れます。大勢で車を押すのは大変です。
リフトアップしてスタータモータの電源を点検しますが異常はありません。

原因はスタータモータの内部不良なので交換が必要です。

常時電源系統なので一番最初にすることは、バッテリーの端子を外すことです。

これをしないとショートして車も人も大変な目にあいます。

スタータモータは車両下側から取り外します。

さすがはトヨタ。簡単に取り外しできます。

外観では故障はわかりません。
しかし、単体点検で作動しないことを確認します。

写真右側の新品部品に付け替えます。
あとは取り外しと逆の手順です。

エンジンの始動を確認します。問題なくエンジンがかかりました。
バッテリーの端子を外していたので、メモリー類の再設定をして完成です。

故障しても修理しやすい車は・・・・・・いいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。