クライスラー300C スタータ回らずエンジン始動不能修理

クライスラー300C エンジン始動不能修理で入庫。

大勢で押して工場の奥へ・・・
エンジンがかからない車はこれが大変。
不具合症状は、エンジンがかからない(スタータモータが回転しない)。

診断手順としては、
スタータモータに電源は入っているか?→NG
スタータリレーは作動しているか?→NG
スタータリレーの制御側の電源は入っているか?→NG
スタータリレーの作動側の電源は入っているか?→OK
ここまでで、スタータリレー以降の回路の不具合ではなさそうと判断できる。

次に、
IGスイッチの常時電源は?→OK
IGスイッチのIG・ON出力は?→OK
IGスイッチのST出力は?→NG
ということなので、直結でエンジンをかけてみる。
どうしたかは書けませんが、スタータモータが回転してエンジンがかかった。

ではでは、スイッチの不良?と思ったのですが、念のため分解してみると・・・

IGロックシリンダの先端が欠けています。

アップでみるとはっきりします。
ロックシリンダはST位置まで回転しているのに、IGスイッチを回しきれなかった。
だからスタータモータを回転させられなかったんですね。

この部品を交換して正常にエンジンがかかるようになりました。
エンジンがかからないと、車って困ったものです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。