メルセデスベンツE250(W212) カムシャフトコントローラ交換

メルセデスベンツE250(W212)不具合修理です。

 

不具合症状:エンジン警告灯点灯、エンジン始動時にクランキング時間が長い

故障コード:インテークカムシャフトのポジションセンサに電気的故障

 

・・・なんだ、カムシャフトアクチュエータの故障か?と思いますよね。そう思いましたよ。

でも、アクチュエータ交換しても不具合が解消しなかったんです。

さらに診断を進めていったら・・・カムシャフトコントローラの不良でした。

これの交換をするには特殊工具が必要で、普通はディーラーにお願いするケースなのでしょうけど・・・

逆に考えれば、工具があればできるんでしょ。

 

特殊工具買いました!

これで当社でも作業できます。

後は部品を交換していくだけです。

ロッカーカバーを外します。

原因であるカムシャフトコントローラを交換します。

チェーンテンショナはオルタネータを外したら交換できます。

復元します。で、確認作業。不具合なければ作業完了です。

 

・・・・・・スミマセン。作業に夢中になって、あまり写真撮ってなかったです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。