ポルシェ911(997)エンジン警告灯点滅後点灯修理

ポルシェ911(997)Carrera4S

エンジン警告灯点滅後点灯修理です。

この点滅というのは、

キャタライザ(触媒)を損傷する恐れのある故障」

という車両からのメッセージです。

 

まずはテスターによる診断。

シリンダNo.6にミスファイアの故障コードが出ています。

必ずしも点火系統の故障とは限りませんが、素直に点火系統を外してみましょう。

この車両はIGコイルがエンジン横に取り付けられているので、作業時火傷に注意です。

IGコイルは全数ヒビ割れがあるので交換が必要です。

スパークプラグは特定のシリンダのみ不具合がある消耗の仕方はしてませんが、

充分使い込んだようですので、交換しましょう。

新品部品を取り付けて、

 

車両を復元していきます。

再診断作業です。

ミスファイアもなくなり、警告の点滅、点灯もありません。

作業終了です。

 

この車両ではキャタライザ(触媒)の損傷はありませんでした。

まずはひと安心です。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。