BMW116i 冷間時エンジン不調修理(インジェクタ不良)

BMW116i 冷間時エンジン不調で入庫しました。

確かに調子が悪いです。一気筒もしくは二気筒が正常に機能してないような感じ。

診断機で点検してみても、ミスファイアの故障コードが入っています。

でもでも、暖気が進むにつれて調子が良くなってくるのですよ。

念のためにロードテストをしてみても失火感がありません。

………….こういう時はセオリー通り点火プラグを点検してみましょう。

なんか全部悪そうですけど。。。でもこれが直接の原因じゃなさそう。

不具合の状況を考えると、インジェクタの後垂れのように思うけど。。。

考えてても仕方がないのでインマニを外したら、ほらね。

No.3、4シリンダの吸気ポートが濡れてます。

インジェクタの交換しましょう。

修理してすぐ同じことにならないよう、故障個所だけでなく全数交換します。

全然状態が良くなかったスパークプラグも併せて交換します。

あとは復元して、故障コード消して、始動テスト、ロードテスト。

また完全冷間になるまで冷まして再度テストを繰り返し、調子を確認します。

修理完了です。

 

調子悪くてテスター診断したら故障コードはミスファイア。

鵜呑みにしてIGコイルやスパークプラグを故障原因だと思ってしまうと酷い目にあうケースですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP