プジョー308 LLC漏れ修理

プジョー308のLLCが漏れると整備入庫です。

早速リフトアップして診断です。

エンジンとミッションの接合部あたりに漏れ出たあとがありますね。

でも、これだけだと箇所が特定できないので、加圧して診断します。

加圧して漏れてきましたが、箇所がわかりにくいので鏡を使ってみてみました。

オイルフィルタハウジングとシリンダブロックの接合面から漏れています。

あとは修理です。

オイルフィルタハウジングはキャタライザーを取り外すとアクセスできます。

ここまでくると漏れてるのがよくわかります。

ハウジングのパッキンが切れていました。

交換するのはこのゴムパッキン達です。

このパッキンを交換して、復元作業です。

LLCとエンジンオイルを充填して、

LLCエア抜き、加圧テストを実施。

異常ないので完了です。

 

それにしても、ゴムパッキン交換するだけなのに、たいそう手間がかかります。

ユーザーの負担を考えたらもっと設計をどうにかできないものかと、いつも思います。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。