フェラーリ360モデナ車検整備

車両をリフトアップした状態です。これからエンジンオイル、オイルエレメント
交換作業を行います。車両の底面は空気抵抗を考えてフラットボトム・・・
う~ん、すっきりしています。

フェラーリ360のアンダーカバーには、この様にオイル交換用の
ゴム製サービスキャップが2箇所ついています。
エンジンオイルの潤滑方式がドライサンプ方式の為、
オイルを抜くドレンボルトがオイルパンとサブタンクで2箇所ついています。

ではでは、早速オイルを抜きたいと思います。
オイル量は半端ではないぐらいに出てきます。

エンジンオイルの注入はエンジンルームのサブタンクから行います。
始めに約6Lぐらい注入してからエンジンを始動、オイル量を確認しながら
少しずつオイルをたしていきます。オイル量は10Lはいりました。

当社ではフェラーリ専用のシェルヒリックスオイルを用意しておりますが
今回、使用させていただいたエンジンオイルはNEWESTさんの
EURO MOTOR OILを使用させていただきました。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。