フェラーリ430 エンジンオイル交換と異音点検

いつもお世話になっています。。。

エンジンオイル交換作業と走行中に異音がするという事でF430が入庫いたしました。

お客様に走行中の異音はどの様な時に発生しているのかを伺い、
お客様に同行させて頂き異音の原因を確認いたしました。

お客様のお話では「低速走行で音が時々出て、ブレーキを踏んだ時に音が止まる高速走行では音は気にならないです・・・ブレーキかな・・・?」という事
でした。

異音は低速走行で直ぐに確認が出来ました。確かにブレーキを踏んだ時には音は止まりましたがよ~く聞いているとブレーキ廻りからの異音ではなくエンジンルームからの音の様でした。

アクセル・ペダルを踏み込んだ時に「キュルキュル・・・」と小さな異音が聞こえました。そしてブレーキ・ペダルを踏んだ時に異音は止まりました。
アクセル・ペダルを踏み込んで負荷が掛かった時に「キュルキュル・・・」と異音が出てブレーキ・ペダルを踏むと負荷が無くなり異音が止まりました。

工場に戻り点検を開始いたしました。まずは、お客様が気にされていたブレーキを点検しました。

ブレーキの引きずりや、ブレーキダストの状態、異物のなどの噛み込みが無いかを確認しましたがブレーキの不具合での異音はありませんでした。

アンダーカバーを取外しました。エンジン・オイル交換と自分の五感が正しければ「キュルキュル・・・」と聞こえたのはベルトに原因があるのでは・・・?状態を確認とその他にも考えられる箇所を確認いたしました。

ベルトはオートテンショナーで張りを自動調整しています。
しかし、ベルトの張りを確認してみるとオートテンショナーで張られているベルトの張りではありませんでした。

試しにオートテンショナーを揺すってみるとテンショナーは2~3cm程、軽く戻りました。異音の原因はコレでした!
アクセルを踏んだ時にオートテンショナーがベルトを押さえきれずにベルトが滑っていました。

オートテンショナーとベルトとアイドラプーリーの部品3点を交換する事をお客様に説明をして納得していただきました。部品交換の見積りは後日ご連絡させていただきます。

今回エンジンオイルはMOTUL 300V COMPETITION 15W-50使用します。大排気量車、ターボエンジン、高出力エンジンに最適のオイルです。

オートテンショナーの不良で高速走行を続けている事を想像すると「ゾッ!!」としてしまいます。

しかし異音に気付いて点検を早めにしてくださったお客様は正解です。
さすがフェラーリのオーナー様です!部品が入荷しだいご連絡させていただきます。

作業担当 メカニック N.Hdeki

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。