VWニュービートル ルーフライニング ドアラッチ交換~

今日のアップは 欧州車にアルアル作業… ルーフライニングの垂れ修理と ドアラッチ交換のアップです(^^)

まずは ルーフライニング… 「窓を開けて走ると 頭がサワサワするから直して…」との事…

早速 作業開始です~(^^)

まずは ルーフライニングを取り外します…取り外しは 色々なお店さんがしているので 情報はいっぱいありますが、ニュービートルの場合はドアから抜きます… 抜き取りも、慣れればピラー等の取り外しも そんなに外さなくても大丈夫です(^^)

御覧の様に、純正と同じ様な生地を用意して 張り替え~(^^)

次は ドアのラッチの交換…

「時々、室内に閉じ込められて、室内の電気が点いたり消えたりして、夜が怖いからなおして!」とご依頼です… これも早速交換しましょう~…

原因はまさしく 双方とも ラッチが原因…

VWは この様に レギュレーターが被さってますので…

この様に 取り外す必要があります… ドアラッチの交換も 色んな情報がありますので 取り外しはいたって簡単です… ただし! 安い奴だけは買わない方がいいでしょう… 交換してすぐ不具合が出た事例が」あります…

後は 元に戻して 作動チェック 納車となりました…

これで 頭がややこしくなくなり、夜も安心して乗ることが出来る様になりました~(^^)

今回は ありがとうございました! また何なりとお申し付け下さい~(^^)!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。