フェラーリ360モデナF1クラッチOH ⑦

   

クラッチ・レリーズ・ベアリングとベアリングを支えているフランジに
なります。

右の画像は、クラッチ・ディスクの残量を測るためのセンサーに
なります。

  

フランジの裏側に、メーン・シャフトからのギヤ・オイルが流れ出ない
為のシールが付いています。このシールも新しい部品と交換します。

このOリングは、トランス・ミッションのクラッチ・ハウジング部分に
付けられていて、フランジを取外すと出てきます。

フェラーリはレリーズ・ベアリングがクラッチ・レリーズ・シリンダーと
兼ねている為にトランス・ミッションのクラッチ・ハウジング内に

フルードが通る為のラインがあります。そのラインとフランジを
つなぐ為のOリングになります。大変重要な部品になります。

  

そして、これがレリーズ・ベアリングとシール・キットになります。

レリーズ・ベアリングにはこの様に溝があり、シールを順番に
組付けていく様になっています。

シール・キットは大小合わせて6本になります。シールが曲がらない様に
慎重に組付けていきます。

シールが歪んでいると、フルードが漏れる原因になります。
センサーも新しい物と交換して作業は終了しました。

担当  メカニック  Hideki


Prosperity1 CS
TEL 079-436-7770
FAX 079-436-7771
http://www.prosperity1.co.jp/ 

info@prosperity1.co.jp

参加しました!!

よろしくお願いします。


こちらも応援お願いします!

参加しました!!

こちらも応援お願いします!


イタリア製SAIMAブース

世界NO1塗料DUPONT

メルセデスベンツ社認定
DASテスター 完備

近運整認 兵第7113号
陸運局指定整備工場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。