BMW325i走行中警告点灯

BMW325i走行中警告点灯でレッカー搬入されました。

エンジンルームを見てみると・・・

ありゃりゃ・・・オルタネータのプーリー脱落、ベルトが外れています。
これは警告だけでなく、ハンドルも重くなって恐かったでしょうね。

エンジンをかけられるように修理します。

オルタネータ、ベルトテンショナ、アイドラプーリ、ベルトを交換。

取り付け完了しました。

発電電圧、クーラントの循環、パワーステアリングポンプの作動状態を確認して、
ロードテストを行います。
全て良好。比較的に少ダメージで済んで不幸中の幸いです。


総走行距離はまだそんなに多くないのに、こんなこともあるのですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。